2017年3月 7日 (火)

抵制skout介紹人和美容騙子 讓Neo Skin Lab美容方針代理人生中重要療程

我只想身體健康……不只女生,世界上所有人有哪一個不想身體健康?只有健康,你才可以處理人生的一二三件的大事,健康可以帶來打拼事業的力量,健康可以帶來食珍餿百味的機會,健康可以為保持更長的青春不老!當你好好的保存健康,就要進化保養,例如肌膚的狀況,令你更照人!

Neo Skin Lab美容方針就真正是內外配合,外在的美容方法到內在的配合,可以代理人生中的美容療程會令你更漂亮更亮眼!相比起在skout上向那些介紹人或美容騙子了解美容項目,Neo Skin Lab其中的【Janssen水漾透肌面部護理】等療程效果更能讓人看清,了解過的人都知道這個來自德國品牌Janssen是用上了世界級安瓶技術處理過的安瓶產品,而安瓶內的超濃度精華液更是達至了無菌無添加,而且瓶內的活性成份能夠高效保存,產品純度和濃度以及營養等方面比一般封口技術產品是高出3倍。

而Neo Skin Lab美容療程中【Janssen水漾透肌面部護理】更是保濕肌膚的產品高手,每次療程後都可以即時感受到水漾滋潤。非常適合愛水潤美肌的人,因為補水對皮膚來說有百利而無一害,另外【IS Clinical面部保濕護理】其強效保濕產品,再配合上冷凍頭的強大效用,可以加速產品被吸收入細胞的速度及按摩我們的面部輪廓,幫助了肌膚吸水吸水再吸水的作用。又或者不妨考慮醫學美容療程,例如botox V臉、減魚尾紋,透明質酸塑造更立體輪廓,我們全部正貨及醫生沿理,安心又放心!

2016年12月15日 (木)

シルクが緊張ぎみ

「まあ、おそれいります、陛下」ガリオンが革袋を渡すと、セ?ネドラは言った。かすかな笑みは心もとなく、まるで意識的に努力して快活にふるまっているかのようだった。
「どういたしまして、女王陛下」ガリオンはオーバーに腰をかがめた。「料理人の助手が水を必要とするときは、いつでもこの皿洗いが見つけてさしあげますよ」
 セ?ネドラはちょっとほほえんで、かれの頬にキスしたあと、ためいきをついて、ふたたびポルガラがかきまぜているシチューのために、野菜をさいの目に切りはじめた。
 食事がすんだあと、みんなはたきびの前にものうげにすわって、木のこずえを騒がせる風の音や、周囲の森にふりこめる雨の音に聞き入った。
「きょうはどのくらいきたの?」ガリオンの肩に力なくもたれているセ?ネドラがいまにも眠りそうな声でたずねた。
「七、八リーグというところだね」ダーニクが答えた。「たどるべき道がないと、歩みものろくなる」
「ミュロスから〈大市〉にいたる公道にたどりついてしまえば、もっと早く進めるよ」シルクがつけくわえた。その考えにかれの目は輝きを増し、長いとがった鼻がうごめきはじめた。
「気にせんでいいぞ」ベルガラスがシルクに釘をさした。
「どうしたって、物資が必要になりますよ、ベルガラス」シルクは目を輝かせたまま言った。
「それはダーニクにまかせるさ。おまえさんと取引する連中は物事を徹底的に考える時間があると、きまって前後の見境をなくすようだからな」
「しかしですね、ベルガラス、この旅は急いでいると言ったじゃありませんか」
「それとどういう関係があるんだ」
「だれかを追いかけていると、旅人は先を急ぐものでしょうが――知らなかったんですか」
 ベルガラスは長々とシルクを見つめ、「ほっといてくれ、シルク」と言ったあと、残る全員に「みんな少し眠ろうじゃないか。明日は長い一日になるぞ」
 真夜中をまわったころ、ガリオンは突然ぎくりとして目をさました。毛布の中で寝返りをうち、となりに寝ているセ?ネドラの規則正しい寝息と、木の大枝をたたく低い雨音に耳をすました。風はやんでおり、居心地のいい避難所の正面のたきびは燃え尽きて、赤らんだ燃えさしになっていた。ガリオンはわずかに残っていた眠気をふりはらって、目覚めた原因を思いだそうとした。
「物音を立てるな」ベルガラスが避難所の向こう側から低く言った。
「おじいさんも目がさめたのかい?」
「ゆっくり毛布から出てくるんだ」老人の声はかろうじて聞き取れるほどだった。「剣に手をかけてな」
「なにごとだい、おじいさん?」
「いいから言われたとおりにしろ!」
 雨のふる闇の頭士高く、大きなはばたきが聞こえてきて、黒ずんだ赤い光が急にひらめいた。ふたたびはばたきが聞こえ、遠ざかった。
「動け、ガリオン」ベルガラスがせきたてた。「剣をぬくんだ――輝きが見えないように〈珠〉をなにかで隠せ」
 ガリオンは毛布にからまった足を蹴るようにして、闇の中で〈鉄拳〉の剣を手探りで捜した。
 ふたたびものすごいはばたきが頭上に聞こえ、次に奇怪なしゅうしゅうという鳴き声にともなって、黒ずんだ赤い光がまたひらめいた。
「あれはなに?」セ?ネドラが叫んだ。
「静かにするんだ!」ベルガラスがぴしゃりと言った。
 かれらが闇の中で身を固くしているうちに、はばたきは雨のふりしきる夜のなかへ遠ざかっていった。
「なんです、あれは、ベルガラス?」にたずねた。
「ものすごく大きな雌の獣だ」老人は静かに答えた。「目はあまりきかないし、切株並みに頭はからっぽだが、非常に危険な獣だ。獲物をさがしている。おそらく馬や――われわれの匂いをかぎつけたのだろう」
「どうして雌だとわかるんですか?」ダーニクがたずねた。

2016年9月12日 (月)

わたしたちをここ

「熊神信者は常日ごろからその闘争能力を自慢していたな」
 アンヘグ王は再びうなずくと、にやりと歯を見せた。
「攻撃の最先端にはうってつけだと思わんか」
 アンヘグ王の笑みに悪意がこもった。
「さぞかしかれらの犠牲は大きくなることだろうな」とドラスニアの王。
「これもみな、大義のためだ」アンヘグ王がいかにも敬虔そうに答えた。
「さあ、お二人でにやにや笑うのがすんだら、王女を日陰に連れていきましょう」ポルガラが言った。
 それから一週間というもの、崖上の要塞は目まぐるしい忙しさだった。最後のチェレク船が引きあげられると、アルガーの氏族とミンブレイト騎士団は、タール側の村落にまで攻撃の手を伸ばしはじめた。「ここから五十リーグ内外には草木一本残ってはおりません」ヘターが報告した。「焼くのでしたら、もっと遠くまで行かねばなりません」
「マーゴ人はたくさんいたかね」バラクは鷹のような顔をした若者にたずねた。
「少しですけれどね」ヘターは肩をすくめた。「まだ注意を惹くほどの数ではないですが、しばしば出くわします」
「マンドラレンはどうしている」
「この数日は顔を合わせていませんが、かれのむかった方向におびただしい煙が立ちのぼるのが見えました。どうやらせっせと働き続けているようですよ」
「この先の土地はどんなぐあいかね」アンヘグ王がたずねた。
「この高地を抜けてしまえばそんなに悪くはありません。この断崖の先のタール国の地域は相当なものですからね」
Qvpzfxemzew8088053
「相当なものとはどういうことだ。われわれは船を引きずって通り抜けねばならんのだぞ」
「一面の岩と砂、刺のある茂みが少し、水はまったくありません」ヘターは答えた。「おまけにかまどの焚口にいるよりも暑いのです」
「そりゃあ、結構なことだな」アンヘグ王が言った。
「王のご要請でご説明したのですよ」とヘター。「失礼します。馬を換えなければなりませんし、松明ももっと用意しなければならないので」
「またでかけるのかね」バラクがたずねた。
「それしかやることがありませんからね」
 船の引きあげが終わるやいなや、ドラスニア製の巻きあげ機は、大量の食べ物や武器を上げ始め、砦内にあるフルラク王の物資集結場はまたたくまに満杯になってしまった。タール人の捕虜たちは、文句を言わずにすぐ荷を運ぶので、非常に貴重な戦力となった。顔立ちは粗野だったが、素朴な感謝と勤勉さに輝き、敵方の人間でありながらセ?ネドラは好感を抱かずにはいられなかった。タール人の生活が、なぜあのような終わりなき恐怖に満たされているのか、王女は少しずつしだいに理解し始めていた。タール人の家族の中で、グロリムの凶刃に家人を殺された経験のないものは皆無だった。夫、妻、子供、両親を次々といけにえにとられたタール人の最大の望みは何としてでも、かれらの二の舞いを踏まないようにすることだった。この絶えざる恐怖がいつのまにか、タール人の顔から愛情らしきものを奪ってしまったのである。かれらは恐るべき孤独のままに愛もなく、友情もなく、絶えざる恐怖と苦悩以外のものを感じることもなく、ただ生きていたのである。タール人女性の悪名高い好色さは、社会道徳とは何らかかわりを持たなかった。それは単純に生き延びるための手段だったのである。グロリムの刀剣から逃れるために、タール人の女性は常に妊娠していなくてはならなかった。彼女たちは決して欲望に駆られていたのではなく、恐れのためにそうせざるをえなかったのだ。そしてついには完全に人間性を喪失してしまった。
「どうしておめおめとあんな生き方に甘んじていられるのかしら」セ?ネドラはポルガラにむかってぶちまけるように言った。「なぜ、グロリムに反逆して、追い出そうとしないの」
「いったい誰がその指揮をとることができるのか、考えてごらんなさい、セ?ネドラ」ポルガラが穏やかに言った。「グロリムの中には、果樹園から果物をもぎとるように、やすやすと人の心が読める者がいるということを、タール人たちは知っているのよ。もしかれらがそんな反逆を企てようものなら、たちまち祭壇に引きずっていかれるでしょうよ」
「でもあれじゃあまりに悲惨すぎるわ」
「たぶん、わたしたちはそれを変えることができるかもしれないわ」ポルガラは言った。「わたしたちが行なおうとしていることは、西の国々のためだけではなくて、アンガラク人のためにもなることなのよ。わたしたちが勝てば、かれらはグロリムから解放されるわ。最初はわたしたちに感謝しないでしょうけれど、ときがたてばわかってくれるわ」
「なぜ、わたしたちに感謝しないの」
「もしわたしたちが勝てば、かれらの神を殺すことになるからよ。それを考えればとうてい感謝する気にはなれないでしょう」
「でもトラクは怪物だわ」
「怪物でもかれらの神なのよ。自分たちの神を失うということはとてつもなく恐ろしいことなのよ。ウルゴ人に神のない生活がどんなものなのか聞いてみるといいわ。ウルがかれらの神になってからもう五千年になるけれど、かれらはまだ神のいなかった時代を忘れてはいないはずだから」
「わたしたちは勝てるわよね?」セ?ネドラは急に恐怖がこみあげてきたようだった。
「わからないわ、セ?ネドラ」ポルガラは静かに答えた。「わたしも、ベルディンも、父も、アルダーにさえわからないの。ただやってみるしかないのよ」
「もし負けたらどうなるの」王女は怯えたように小さな声でたずねた。
「タール人のように奴隷になるでしょう」ポルガラは静かに答えた。「トラクが全世界を支配する神となり王となるわ。他の神は永遠に追放され、グロリムがわたしたちを支配するでしょうね」
「そんな世界で生きていたくないわ」セ?ネドラは強い口調で言った。
「誰だってそう思っているわ」
「トラクに会ったことがあるの?」だしぬけに王女はたずねた。
 ポルガラはうなずいた。「一、二度会ったことがあるわ。かれがブランドと決闘する少し前にボー?ミンブルで会ったのが最後だわ」
「かれはいったいどんなようすをしているの」
「神だわ。かれの心の力は圧倒的よ。かれに話しかけられたら、聞かざるをえないの。命令されれば従わざるをえないのよ」
「むろんあなたは別よね」
「あなたにはわからないようね」ポルガラの表情は重々しく、その燃えるような瞳は、今では月と同じくらい遠くにあり、近寄りがたかった。彼女はそれ以上関心はないといったようすで、エランドを抱きあげると、ひざの上に乗せた。子供はいつものように彼女に笑いかけると、手を伸ばし、額に垂れ下がる白い巻毛に触れた。「トラクの声にはほとんど抵抗を許さない強制力があるのよ。かれがいかにゆがんで邪悪かはよくわかっているのに、話しかけられると、それだけで抵抗心はこなごなに砕け、突然自分がもろくなったような気がして恐ろしくなるの」
「でも、もちろんあなたは怖くなんかないでしょ」
「まだわかっていないようね。むろんわたしだって怖いわ。わたしたちはみんな――あの父でさえトラクを恐れているわ。あなたがトラクに会わないことを祈りましょう。かれはチャンダーのように取るに足らないグロリムや、クトゥーチクのような策謀家の魔法使いとも違うわ。かれは神なの。見るもおぞましい不具のうえ、心がひどくねじけているのよ。かれはのどから手がでるほど欲しがっている何か――人知では推し測ることのできない深遠な何かに拒否されたために、狂気に駆りたてられているの。その狂気は、いくら凶悪とはいえタウル?ウルガスのような人間のそれとはまったく異なっているものだわ。トラクの狂気は、神の――自分の病んだ考えを実行にうつすことのできる者――の狂気なのよ。本当に抵抗できるのはあの〈珠〉しかないでしょう。わたしはたぶん、いくらかは抵抗できると思うわ。でもトラクが全力でかかってきたときには、結局かれの言いなりになってしまうでしょう。かれがわたしに望んでいるのは考えるだけでもおぞましいことなのよ」
「あなたのおっしゃることがよくわからないわ、レディ?ポルガラ」
 ガリオンのおばは、小さな王女をじっと沈んだ目で見つめた。「あなたは知らなかったのね。それはトルネドラ歴史学会では無視されている、ある過去のできごとに関係することなのよ。お座りなさい、セ?ネドラ。これから説明するわ」
 王女は急ごしらえの居室におかれた粗末なベンチに腰かけた。ポルガラのようすはいつもと違ってみえた――非常に静かで、もの思わしげでさえあった。彼女はエランドに腕をまわすと、しっかりと抱き締め、頬をその金色の巻毛にすり寄せた。まるでこの小さな子供にふれることで、大きな安心感を得ているかのようだった。「この世には二つの〈予言〉があるのよ、セ?ネドラ」ポルガラは豊かな声で説明した。「そのうちひとつが選ばれる日が刻々と近づいているわ。過去も現在も未来もすべて〈予言〉の中にあらわされているのよ。あらゆる男も女も子供も二とおりの運命を持っていることになるわ。ある人々にとってはどちらもさほど違わないでしょうけれど、わたしにとっては雲泥の差があるの」
「やっぱりよくわからないわ」
「わたしたちが従っている〈予言〉、へ連れてきた〈予言〉においては、わたしはベルガラスの娘であり、ベルガリオンの守護者である女魔術師ポルガラだわ」
「それじゃ、もうひとつ何なの?」
「もうひとつの〈予言〉によれば、わたしはトラクの花嫁なのよ」
 セ?ネドラは思わず息をのんだ。

2016年7月19日 (火)

風邪をひかれ

 少しずつ、ほとんどわからぬ程度に闇が薄れだした。音もなく降る雪が朝の訪れまであいまいにしていた。馬たちは疲れも知らぬように強まる光の中を進みつづけた。〈北の大街道〉の広い路面をおおう雪は今や馬のけづめ毛の高さまで達し、ひづめの音をかき消している。ガリオンは一度うしろをちらりとふり返った。一行の足跡が入り乱れて後方に伸び、視界がきかなくなるあたりでは早くもそれが雪におおわれはじめていた。
20128231127199840
 じゅうぶんあたりが明かるくなると、ミスター?ウルフは汗をかいている馬の手綱を引いて、しばらく歩速で進ませた。「どのくらいきたかな?」とシルクにたずねた。
 マントのひだに積もった雪を払っていたイタチ顔の男は、舞いちる雪片のペールの中に陸標を見つけようと周囲を見わました。「十リーグかもうちょっとというところかな」とようやく言った。
「こいつは気の滅いる旅のしかただぜ」バラクが太い声を出し、鞍の中で巨体を動かして顔をしかめた。
「おまえを乗せている馬の気にもなってみろ」シルクがにやにやした。
「カマールまではどのくらいあるの?」ポルおばさんがたずねた。
「ミュロスから四十リーグだ」シルクが言った。
「では休息所が必要だわ。背後に何者がいようと、四十リーグぶっつづけに走るのは無理よ」
「さしあたって追っ手の心配はないと思う」ウルフが言った。「ブリルとやつの手下にせよ、アシャラクにせよ、われわれを追跡しようとすればアルガー人たちにひきとめられるはずだ」
「アルガー人でも役に立つことはあるんだな」シルクが皮肉めかして言った。
「わしの記憶が正しければ、あと五リーグばかり西に高級旅館があるはずだ。昼までにはそこへつく」
「わたしたちがとめてもらえるでしょうか?」ダーニクが疑わしげにたずねた。「トルネドラ人が親切だという評判はついぞ耳にしたことがないんですがね」
「金を払えばトルネドラ人はなんだって売る種族だ」とシルク。「休むにはその旅館がもってこいだ。たとえブリルかアシャラクがアルガー人たちをまいてここまでわれわれを追ってきたとしても、軍団兵たちが城壁内の愚を許すわけがない」
「どうしてセンダリアにトルネドラの兵隊がいるの?」その考えに愛国的な怒りがこみあげてくるのを感じながら、ガリオンは訊いた。
「大きな街道があるところならどこでも軍団がいるんだ」シルクは説明した。「トルネドラ人は客をごまかすことより協定書を書くほうが得意なんだよ」
 ミスター?ウルフはおかしそうに笑った。「支離滅裂だな、シルク。かれらの道に文句はないが、軍団は気にくわんというわけか。軍団と街道は二つでひとつなんだ、片方だけというわけにはいかんよ」
「つじつまを合わせるふりをしたことはないんだ」尖った鼻の男はすまして言った。「安楽かどうか疑わしいが、その高級旅館に昼までにつきたいなら、もう行ったほうがよくないか? ふところが軽くなる機会をむげにしたくない」
「よし。先を急こう」ウルフは早くも走りだそうとうずうずしているアルガーの馬の脇腹をかかとで蹴った。
 雪の降る昼の光の中を一行がたどりついてみると、くだんの旅館はひとつづきの頑丈な建物で、そのまわりをさらに堅固な塀が囲んでいた。配置されている軍団は、これまでガリオンが見たトルネドラの商人たちとは別種の人々だった。口先のうまい商売人とはうってかわって、これらの連中は光る胸当てと羽毛のついた兜に身を固めた険しい顔のプロの戦士たちだった。かれらは誇らしげに、わがもの顔にふるまい、各自が全トルネドラの権力を背負っているのだという意識を持っていた。
 食堂での食事は簡素で衛生的だったが、おそろしく高かった。硬くて狭いベッドとぶあつい毛織りの毛布がついたちっぽけな寝室は、なめたように清潔だったが、食事と同様高かった。厩はきれいだったが、やはりミスター?ウルフの財布を大いに軽くした。ガリオンは自分たちの宿泊代はどのくらいするのだろうと思ったが、ウルフは財布が底なしであるかのようになにくわぬ顔ですべての料金を支払った。
「あすまでここで休養する」一行が食事をたべおわったとき白いあごひげの老人は宣言した。
「朝までには雪もやむかもしれん。吹雪をついてしゃにむに進むのは気が進まんのだ。こういう天候だと道中何がひそんでいるかわからんからな」
 疲れはてて放心状態だったガリオンは、テーブルに坐ってうつらうつらしながらこの言葉を聞いてほっとした。他のみんなは静かに話していたが、とても内容に耳を傾ける気力はなかった。
 ポルおばさんが見かねて言った。「ガリオン、もう寝たらどうなの?」
「大丈夫だよ、ポルおばさん」子供扱いされるのが癪にさわって、かれは急いでしゃんと上体を起こした。
「今すぐ上へ行きなさい、ガリオン」かれにはおなじみの有無を言わさぬあの口調で、おばさんは言った。生まれてこのかたずっとガリオンは「今すぐよ、ガリオン」と言われつづけているような気がした。だがかれは口答えするような愚かなまねはしなかった。
 立ちあがってみて、脚がガクガクするのにびっくりした。ポルおばさんも席を立ち、かれを食堂から連れだした。
「ひとりで行けるったら」ガリオンは反撥した。
「もちろんよ。さ、いらっしゃい」
 ガリオンが小部屋のベッドに這いあがると、おばさんは首もとまで毛布をひっぱりあげてかれをしっかりくるみこんだ。「はいではだめよ。たら困るわ」おばさんはガリオンが小さな子供の頃やっていたように、ひんやりした手をちょっと額に当てて言った。
「ポルおばさん?」ガリオンは眠そうな声でたずねた。
「なに、ガリオン?」

2016年6月23日 (木)

まないと人の居

 淋しい7年間だった。僕は馬鹿なままでこの信心を疑わずに続けてきていればよかった。僕はこの7年間この信仰をする奴は馬鹿だと思い続けてきた。でも馬鹿の方が良かったし、馬鹿の方が正しSCOTT 咖啡機かった。信仰とは馬鹿になってやるものだ、と僕はやっと気付いた。

 2年ぐらいは目に映る何もかもが色あせて見えた。でも再び信心するようになると外の景色がキラキラと光輝いて見えるようになった。不思議だった。

 女の人が美しく2年ぶりぐらいに見えた。女の人が本当に何年かぶりに美しく見えた。去年の12月か今年の1月頃のことだったと思う。創価学会に戻ろう、と秘かSCOTT 咖啡機に決意してアルバイト先の病院から午後の講義のために大学へ向かっていたときだった。浜口町の交差点の所で僕はそう感じた。

 女の人が美しく魅力的に歩いているのを見たのは何年ぶりのことだったろう。美しく見えた。『創価学会に戻ろう。』と決意してバイクを運転しているとき本当に美しく見えた。頭の後方でカラカラと生命の躍動感と言うか、そんなものを感じていた。

 宿命との戦いに疲れきって死を選ぶか、僕はそSCOTT 咖啡機 う思いつめていた。

 そんな厳しい日に僕は何年かぶりに女の人を美しく思った。

 胸が張り裂けそうで、とても厳しい日々に。

 僕が誰よりも知っているはずだった。邪宗教がどんなに落ち込んで自殺の一歩手前まで行ってしまうことを。

 今もときどき“死”を思ってしまう。

 信心の弱い僕は、一日5分しか題目をあげてない僕は。

 死んだ方がずっと楽だと、死んだ方が広宣流布のためになるのだと、勤行はしているけれど一日5分間しか題目をあげてない僕は、毎日ふとそう思ってしまう。

 自分が死んだらずっとずっと楽になる人がたくさん居るんだと、図書館なんかで迷惑をかけずに済むようになるんだと、活動してなくて、毎晩目が醒めてから退転することを考えてしまう僕は、本気でそう思ってしまう。

 昨日、雨の中、県立図書館からの帰り、卸団地に入っていって、薬品の倉庫の卸の横で方向転換した。方向転換するとき、誰もいない薬の問屋の敷地の中を通った。建物の横にクスリの空き箱とプラスチックの容器が(もちろんもう要らなくなったのだろうけれど)あったためそれを取ろうかな、と思ってそこで方向転換したのだった。

 日曜日だったのでその問屋は反対側のずっと向こうの受付のような所しか開いてなかったようだった。でもそこには何人か居た。

 家に帰ってものすごく心配になった。警察でクルマのナンバーを調べて家に来るのではないかな、と思った。もういっそ、死んでしまおう、とも思った。

 もうクスリがあまり効かなくなっていてかなり大量に飲る処では勉強できないようになっていた。

2016年3月 7日 (月)

その笑顔が可愛く

P.S花園より、想い束ねて act.5-P.S ext.seide story

友達にプレゼントしたいんです、春の花を3,000円でお願い出来ますか?

そう告げた少年の頬そっと桜色が明るんでゆく。
こんな初々しい貌瑪沙 射頻瘦面槍されたら質問の解答「Yes」だと解って由希は微笑んだ。

―やっぱりあの女の子ね、本当に花が好きそうだったもの?

もしかして前に一緒に来た女の子?

そう問いかけた「女の子」は春、初めてこの店を訪れて秋も来た。
この少年と並んで花たちに微笑んだ、あの綺麗な明るい瞳に花束もうイメージしだす。
きっと可愛いだけじゃない聡明な子、そのイメージ寄添う花のなか少年は恥ずかしそうに笑った。

「はい、今日は大事な試験をがんばってるからプレゼントしたくて…あの、チューリップ入れてもらえますか?予算もう少し掛けても良いので、」
「ちゃんとご予算内で周海媚 膠原抗老槍出来るわよ、あの女の子なら可愛くて凛々しい感じが良いわね?」

答えながら微笑んでしまう、だって「がんばってるから」が可愛い。

―今日の大事な試験ってセンター試験ね、このあと待ち合わせしてるんだわ、

あの少女は受験生なのだろう、そして試験後に待合せる約束をしている。
そんな言葉たちに少年の日常また見つめてしまう。

―たぶん彼女とは違う試験会場になったのね、それとも彼はまだ2年生かな、意外ともう大学生だったりして?どっちにしても仲良しね、

この少年は何歳だろう、彼女は受験生みたいだけど?
そんな想像あれこれ廻らせながら楽しくなってしまう、だって二人は「お似合い」だ。

―同じ齢か一つ違いか解らないけど、試験の後に待ち合わせするくらい仲良しなんだわ。がんばったご褒美に花を贈るくらい好きで、

ふたりの時間は幸せだろう?
その想像に楽しくなる、そして水仙の想いすら温まってゆく。

『由希が俺の姉ちゃんだったらイイね、』

ほら小さな笑顔が呼んでくれる、そして記憶の香は今も水仙に咲く。
あの笑顔はどんな大人になったろう、きっと父と似て大らかな聡明の優しい人になっている。
そんな想像は幸せで、けれど遠い初恋まで疼きだすから困らされて、それでも抱える早春の花が優しい。

―やっぱり花はいいな、哀しいことも幸せにしてくれるもの、

花が好き、それでも花屋であることは苦労も多い。
そんな苦労さえ幼い日から馴染んでしまった、そして花に慰められるから今日も笑っている。
こうして花周海媚 膠原抗老槍に想い見つめる時間が自分の幸せだ?そう今ひととき微笑んだ花のなか少年が言った。

「あのっ…僕は周太って名前なんですけどお花屋さんはなんて名前ですか?」

あ、そういえば名前もまだ知らなかったな?

こんなこと今更に気づかされて笑いたくなる、もう一年より前から来てくれているのに?
これだけ通ってくれる常連さんに自分は名前すら訊いていない、そして告げていなかった相手は貌赤くなる。

―名前を訊くだけで真赤なんて、ほんとに恥ずかしがりなのね?

いつもどこか気恥ずかしげに笑ってくれる、て憶えてしまった。
こんなふうに笑う男の子は初めてで、それなのに重ならす俤の幸せごと笑いかけた。

「私の名前は由希よ、由縁の由に希望の希って書くの。雪の朝に生まれたからって父が付けたのよ?」

2016年3月 2日 (水)

大統領選挙の候補者

12
各州で予備選挙が行なわれ、候補者も絞られてきたせいか、
だんだん白熱して如新nuskin產品きているようだ。
熱気に拍車をかけているものは、各候補者によるCM合戦。
今回は、特に、各候補者から莫大なお金が投入され、
対立候補者のゴシップをあばいたり、
中傷したり批判するネガティブ・キャンペーンというものが嵐のように吹き荒れている。
その中には、ある候補の前妻とのスキャンダル、
財テクや不適切な所得税など、
あばけるものは何でも出してやるぜ!
という呆れ返るキャンペーンでもある。

これも、自己のヴィジョンや高邁な精神を語ったりするより、
対立候補の批判をする方が効果が高いと見え、
CMの92%が、いわゆるネガティブ・キャンペーンだという。

そういえば、最近、芥川賞を受賞した田中氏がネガティブな言葉や態度で話題の人となったが、本の売り上げも、その会見以降、急上昇したとある。
人は、どうも如新nuskin產品ネガティブなものに反応しやすい傾向を持っているようだ。

明日、2月3日は節分。
追儺(ついな)式などで言われる豆まきの言葉は、
『鬼は外。福は内』の筈だが、
『鬼は内。福は外』と豆まきをする神社がある。
この神社、単に天の邪鬼と言うべきかもしれないが、
鬼を排斥せずに内に包んで改心させることを本意と如新nuskin香港しているらしい。

この世は、中傷やゴシップなどが渦巻く世界。
「人の不幸は蜜の味」と言ったりするが、
明日はひとつ、
心の邪鬼を豆まきで追い払うのもいいかもしれない。

2016年2月17日 (水)

十月とは言え

Daziran_qiguan_fengjing002   
今日は一転、冷たい風が吹き、
いよいよ冬に向かっていることを感じた一日でもあった。
蔡加讚と、
通りを歩いている時に、葉鶏頭(ハゲイトウ)を見かけた。

この植物、かなり古い時代に中国から伝来したようだ。
『枕草子』にも、
この葉鶏頭について書かれた一節がある。
そこには、
「かまつかの花 らうたげなり
名ぞうたてあなる 雁の来る花とぞ 文字には書きたる」とある。
ちょっと表現がむずかしいが、
現代長江三峽旅行團文にすると、
「葉鶏頭の花は、いとおしく可愛い。
雁の来る花という、胸がキュンとするような名前が書かれている」
という意味になるだろうか。

葉鶏頭を意味する「かまつかの花」という名前は、
今では、別の花の名になっているが、
「雁来紅」という名は、今でも葉鶏頭の呼称となっている。
この表現、清少納言ではないが、
なんとも、シャレた名であると感じる。

どうも、松尾芭蕉も、その名にロマンを感じたようだ。
彼の俳句に
『鶏頭や 雁の来る時 なお赤し』 
という句がある。
この句が詠まれたのは、
鶏頭が、
その赤さで存在感を示している仲秋を過ぎた頃までのハズ。
だけども、
雁が実際に飛来してくるのは、晩秋。
そこには、
季節が違うほどのタイム・ラグがある。

芭蕉は、そんな時差があることを知りつつ、
(『雁の来る時 なお赤し』という)
「なお」という言葉をつけて、
タイム・ラグを、味わいのある余韻に変換している。

そういった時間や季節を操作することで、
なかなかの「味」を出している。

この、時間を操作する手法は、
文学ではなく、政治でおこなうのはイタダけない。

「近いうち」解散康泰旅行社と言ってたものが、
暮れ頃はおろか、いつになるか解らぬという状態。
これでは、味わいの欠片(かけら)すら
あったものではない。
芭蕉もあきれる「タイム・ラグ」!

2016年1月27日 (水)

特定記録郵便が届き

 
今日は休みでした、昨晩は夜更かしをしたのでゆっくり休んでいたら
突然、携帯電話が…鳴水解蛋白ました。
特定記録郵便が届き、母親がびっくりして電話をかけてきたのです。
今から20年前に購入した投資用マンションの連帯保証人である母親
に届いたためびっくりしたそうです。
この投資用マンションも大損です。マルコーという会社から購入したのですが、
とっくの昔に、倒産・・その後も後継の会社もコロコロと変わる始末
家賃収入でローンを返済していたのですが、家賃
も値下がりして、返済金額が足らない状況に陥ってしまっていました。
しかも、2年以上前から・・・
元金も900万くらいあり、利息も90万くらいあると言われ
ボー然となりました。またまたお金が飛んでいきます。
もっともっと稼がなくてはいけ康泰旅遊ません。
今週は、家に戻り母親を安心させてあげないと・・・
人生は何があるかわかりません・・・・なん股票 即時 報價て日だ!!!

2016年1月20日 (水)

どの寒さを感

ここに来て、気温が急激に上がって来た。
低い温度であれば鍋物などが売れ、上昇するにつれて、
売れるものが変わってくる。
一般的に言われることだが、
22℃を超えてくるとビールの売れ行きが伸び、
25℃になれば麦茶が売れ化妝課程、27℃ではアイスクリーム、
30℃を越すとかき氷が売れると言われる。

今日などは、日中の温度がかなり上昇して、
アイスクリームに手が伸びるといった温度に達したことになる。
この温度のせいか、ビールが無性に呑みたくなる。
Daziran_qiguan_fengjing002
ビールと言えば、先日、アメリカの科学誌
"Neuropsychopharmacology(神経精神薬理学)" に
「ビールの味だけで報酬感覚」
というインディアナ大学の研究成果が掲載された。

それによると、
「アルコールの作用はなくても、尖沙咀匯款ビールの味を味わうだけで、
報酬感覚をつかさどる脳が活性化し、
至福の感覚の脳内物質であるドーパミンが分泌される」
というもの。すなわち、
ビールの味そのものが、報酬感覚をもたらすということらしい。

最近、アルコールフリーのビールが売れている 按摩梳化
もともと飲酒運転防止を狙ったものだったと思うが、
ビールの味そのものに、そのような効果があった。

でも、アルコールの入っていないビールなんて、、、
ゴックン...う、うまいやん!

«べる人もおられ